Webデザインの制作を行う際、フォトショップ派、イラストレータ派、Fireworks派がいると思うのですが、ココ最近のワタシはもっぱらFireworksで作業しています。
Webに関わるようになって、初めて使ったのがFireworks(ン年も昔の話)だったのですが、そこからPhotoshopベースに移行して、今ふたたび!といった感じです。
Fireworksの利点は、おいおい書くことにして、作業中
「あれ~」
と思って時間を割いてしまった事例をメモ。
(ど忘れてしまって、慌てふためいたのが2回目だったので 爆)
Fireworksでテキストを入力した時に、思ったよりもテキストボックスの幅が広かったり、逆にせまかったりして、困ることってないですか?
いやぁ、ワタシ結構あるのです。これが。
単純にやろうとすると、テキストボックス自体の縦横サイズを入れるトコに数字を入れてしまいそうになるのですが、そうすると、フォント自体もおかしなサイズになってしまいます。変に横幅が広がってしまったり、つぶれた感じになってしまったり。ホント困りモノです。
で、アレコレやってやっと思い出しました
・・・うん、最近物忘れ激しい・・・爆
まずは画像を参照アレ。

Fireworksでフォントサイズを変えずにテキストの幅を変更(変形)するには

テキストボックスの青枠には、四隅と左右の縦のライン中央にアンカーポイントが表示されます。
このアンカーポイント上にマウスカーソルをそろ~りと合わせてみると、それまで黒かったマウスポインタが白に変わります。
その状態でぐいっと幅を変更すれば、フォントサイズはそのまま、幅だけ変更することができちゃいます。
Fireworksをバリバリ使っている人からすれば
「そんなの当たり前やん」
なのでしょうが^-^;
ド忘れ3回目がありそうなので、メモしとけば大丈夫!(たぶん)