遅ればせながら週間ダイヤモンドのツイッター特集号を読みました!

昨年秋ごろから爆発的な流行を見せているTwitter(ツイッター)ですが、週間ダイヤモンドでもとうとう…というか、やっぱりというか…特集が組まれていたので買ってみました。

購入してからなかなか読む機会がなくて、やっとこ読めたわけです。
このごろ仕事やらお客様対応やらに追われて(ありがたいことです!)、本を読む時間をうまく取れないなぁと反省しつつ…。

ちなみに、Twitter、ワタシ自身もやっているのですが、
まさかこれほどまでに流行るとは思ってもいなくて、

「何か裏があるのか?!」

なんて、勘ぐってしまうくらいビックリしています。
(だって最初は「何が楽しいのかな?」だったんですもの!)

さて、特集を見た感想。

文字数制限で編集難しかったのかな?!

と、勝手に想像。

だって、堀江氏と津田氏の特別対談記事が、なんか尻切れトンボのような終わり方で、次のページにあるのかしらとめくっても違うコンテンツになってしまっていて、あれ~って感じ。

何か後味の悪い内容でした。

記者さんせっかく頑張って取材・ライティングしたのでしょうが…。うーん。

もう少し対談記事見たかったなぁ。

これなら立ち読みでよかった…と思ってしまったワタシでした。
(ダイヤモンド社さんごめんなさい)