モリサワのPASSPORTを導入してフォントを活用しています。
ヒラギノフォントも使えるもんね♪とウキウキしたのもつかの間。
インストールした後、ブラウジングしていてものすごい違和感に襲われたワタシ。

一瞬「なんでや~」
その後「ゲッ。windowsベースだと表示フォントが汚いやん(‘A`)」

てなもんで。

windowsにヒラギノフォントをインストールしたら表示がエライことになった件

Macは標準で搭載されており、ブラウザ上でも割ときれいに表示されるフォントなのですが、ことwindowsとなると別だったことが今更ながら発覚したのでした。
一般の方はヒラギノなんて入っていない(windowsなら)ので、大きな問題はないとは思うのですが、ワタシにとっては大問題。
だって、多くのサイトのcssでヒラギノ指定がされているから(このブログもそうだし)。
今まで普通に「MS Pゴシック」やら「メイリオ」やらでそれなりに快適に見ることができていたサイトやブログも、ヒラギノのおかげで最悪な状態に。目が痛い…。

対策はあるのか?

自分で閲覧する分に関しては、使っているFirefoxの設定を変更することで、ごまかし対応(謎)
ただ、ワタシと同じ状態になっている方が少なからずいるはずで…。
mac用とでcssを分ければよいのかもしれませんが、ううむ、そこまでするのは自分のだし面倒くさい(笑)ということで、現時点では却下。

参考ブログ

フォント指定について、うまくまとめてくれているブログがあったので、メモ。

CSSのfont-family:ヒラギノとMS Pゴシックとメイリオの悩ましい関係