webデザインは主にFireworksを使用しています。
1px単位の調整がしやすいことやスライスの書き出しも楽チン。1つのファイルでページごとにデザインを制作することができる…etc
web制作との親和性が高いなぁと感じることが多かったこともあって、数年前にメインで使用するツールをPhotoshopから変更しました。

あっ、もちろん、PhotoshopやIllustratorも使っていますヨ。
用途に応じて使い分けてます。

さて、便利に使っているFireworksちゃん。
ご依頼いただいたページデザインを作っていた時、壁に突き当たったので、備忘録。

カンバスの縦サイズが反映されない!

今回制作していたページは、縦にながーい1ページもの。
いつものように作り始めたのはよいけれど、長い、とにかく縦に長い!(ひぇぇ
カンバスをもうちょっと縦に伸ばそうとしたとき

あれ?!カンバスサイズを7000に設定したはずなのに、反映されないゾ

となりました。
全角で入力してしまったのかしらと再度入力するも反映されず。ううむ、困った。

Fireworksでは縦6000ピクセルが限界値だった

調べてみたところ、Fireworksのデフォルト設定値が「縦横最大6000ピクセル」となっていた模様。
そりゃぁ、いくら変更しようと試みても反映されないわけだわよ。

無理やり限界値を越えさせるには設定ファイルを変更する必要がある

このままでは仕事にならん!というわけで、変更方法を探したら、やっぱりありましたヽ(*´∀`)ノ
バージョンによって設定ファイルの格納場所が違うようなので、調べた範囲でメモしておきます。

設定ファイル(Preferences.txt)の場所

OSがWin7の場合(Vistaでもいけるかと…)

Fireworks CS5.1
C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Roaming¥Adobe¥Fireworks CS5.1¥Japanese¥Fireworks CS5.1 Preferences.txt

OSがWinXPの場合

Fireworks CS5
C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Application Data¥Adobe¥Fireworks CS5¥Japanese¥Fireworks CS5 Preferences.txt

Fireworks CS4
C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Application Data¥Adobe¥Fireworks CS4¥Japanese¥Fireworks CS4 Preferences.txt

Mac版は使っていないので割愛。

書き換える内容

<バージョン名>+Preferences.txtをテキストエディタで開いて、下記部分を探す。

<key>MaxDocSizeInPixels</key>
<integer>6000</integer>

数値が6000になっているので、この部分をお好みの数値に変更する。
例えば、下記のように6000を10000に変更。

<key>MaxDocSizeInPixels</key>
<integer>10000</integer>

変更したファイルを上書き保存すると、次回Fireworks起動時には縦サイズ10000ピクセルまで対応できるようになります。

あっ、大事なファイルなので、各自の責任で変更してくださいまし。

最後に

個人的には縦に長いページって好きではありません。だって、スクロール面倒くさくないですか?!
縦長ページの中には、1ページ内に同じ内容を何度も何度も表示させているから縦に長くなっている…というものもあって、まるで「しつこいねん!」とツッコんでもらいたいのか?!と思ってしまうものも(笑)

1ページの中に入れ込みたいコンテンツがたくさんある場合は、

  • 入れ込む内容の見直し
  • 重複を避けスリム化を図る etc

整理が必要デス(整理収納アドバイザーっぽいことを言ってみる 笑)

それでも多い場合は、
タブで分ける、途中にリンクを入れるなど見せ方を工夫することで、スッキリと見やすく分かりやすいページが出来上がるのではないかなぁと思っています。

そのページは誰に見てもらうものですか?
自分が見るためのものですか?

この辺、自戒も含めて問い続けていきたいです。